デューン 砂 の 惑星 考察

砂の惑星(1984)の映画情報。評価レビュー 243件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:カイル・マクラクラン 他。 かつて「エル・トポ」の監督アレハンドロ・ホドロフスキーも映像化を試み失敗した、フランク・ハーバートの大河SF『デューン/砂の惑星』をディノ・デ・ラウレン. 「砂の惑星」再映画化、2部作で製作へ! 中盤のハルコネン軍によるアラキス侵攻と、クライマックスのフレーメンの反乱なのですが、そのどちらも戦闘が始まる前のあおりや、いざ戦闘が始まった際に高鳴るメインテーマ、抜群のタイミングで繰り出される派手なアクションと、ちゃんと. 米津玄師「感電」mv企画、acc tokyo creativity awardsグランプリ受賞 マイナビニュース米津玄師「感電」mv企画、acc tokyo creativity デューン 砂 の 惑星 考察 awardsグランプリ受賞 - マイナビニュース. 『デューン/砂の惑星』 nhk bsプレミアム 3月26日(木)午前0時45分〜3時02分 はるか先の未来。時の皇帝シャッダム4世は、宇宙で絶大な力を持つ香料メランジの産地である砂の惑星アラキスをアトレイデス公爵に与えるが、それは皇帝の陰謀で、公爵を待ち受けていたのは、宿敵ハルコネン家の. Amazonでフランク ハーバート, 酒井 昭伸のデューン 砂の惑星〔新訳版〕 (上) (ハヤカワ文庫SF)。アマゾンならポイント還元本が多数。. ウラディミール・ハルコネン男爵(ケネス・マクミラン):ハルコネン家の当主。肥満体形に、皮膚病に侵された肌を持っており、見た目がかなり気持ち悪い。空中に浮かぶスーツを常に着用しており、皇帝から「空飛ぶデブ」と呼ばれている。 2. 1920年生まれのアメリカ人作家・フランク・ハーバートは6年間の調査と執筆の末、1965年に『デューン/砂の惑星』を書きあげました。ただし当初の出版社の食いつきは悪く、12もの出版社に断られ、フィラデルフィアの小さな出版社でようやく出版へと漕ぎつけました。 出版されるや、『デューン/砂の惑星』は大変な評判となりました。「高貴な血脈に生まれ本来は高い身分にあるべき者が、不幸の境遇に置かれる中で冒険をし、正義を発揮する」という貴種流離譚的な王道のストーリーラインを基礎としつつも、当時としては際立って独創的だった世界観と、その設定の詳細さが評価され、SF小説界のツートップと呼ばれるヒューゴー賞とネビュラ賞をダブル受賞したのでした。 また、生態学を基礎とするエコロジカルな視点をSFに持ち込んだことが当時としては新鮮であり、宮崎駿の『風の谷のナウシカ』(1984年)などに影響を与えたと言われています。.

フランスの映画製作組合が映画化権を買い取り、女優レア・セドゥの叔父にあたるミシェル・セドゥがプロデューサーに就任。 チリの鬼才・アレハンドロ・ホドロフスキーが監督に選ばれ、コンセプト・アートにメビウス、宇宙船デザインにクリス・フォス、美術にH・R・ギーガー、特殊効果にダン・オバノンといった一流メンバーが集められましたが、上映時間10時間という前代未聞の長尺のために製作費が集まらず、撮影に入ることなく製作中止となりました。 企画中止後、ダン・オバノンは塩漬け状態だった『エイリアン』(1979年)の脚本に本格的に取り掛かり、共にホドロフスキー版に関わっていたH・R・ギーガー、後のディノ・デ・ラウレンティス版に関わるリドリー・スコットの手で映画化されて大ヒットしました。. デューン 砂 の 惑星 考察 本作は、 u-nextに登録すれば 見ることが可能 です。 登録後も 無料期間中(31日間)に解約すれば、 事実上「無料」で視聴可能 です。 。 さらに、 無料お試し期間中に付与される600円分のポイントで、漫画(コミック)の最新刊を購入 できたり、 新作をレンタルできる ので ダブルでお得 で. “どのサイトにもない考察”を目指しており、その映画をもっと深く知りたいという人の手助けをするために日々奮闘しています。 好きな映画は『マルホランド・ドライブ』『ユージュアル・サスペクツ』『パルプ・フィクション』。. デューン 砂の惑星 のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!. 小惑星の砂、来週にも判明 デューン 砂 の 惑星 考察 はやぶさ2カプセル、開封へ-jaxa.

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作『デューン/砂の惑星』は、年10月1日に待望の米国公開を迎える。しかし、実際に公開されても、本作に出演するジェイソン・モモアは劇場には足を運ばないようだ。一体、なぜ. ストーリーを少し紹介すると、人類が恒星間帝国を築き上げた時代、帝国の皇帝であるシャッダム4世は、自分の地位を不動にするため、公家どうしを競わせ弱体化させる戦略を取る。 この策略のためアトレイデ家を豊かな海洋を持つ惑星カラダンから砂の惑星アラキスに移住させる。しかし、惑星アラキスで待っていたものは宿敵ハルコネン家でありハルコネン男爵の謀略によってアトレイデ家は滅亡してしまう。 アトレイデ家の当主レト侯爵(ユルゲン・プレフノフ)は殺されるが、息子のポウル(カイル・マクラクラン)と母のジェシカ(フランセスカ・アニス)は砂漠に逃れる。 ポウルは砂漠の民フレーメンの間に伝わる宗教儀式において「命の水」を飲むことによって未来を透視する超能力を得る。そしてフレーメンの救世主となる。(目がブルーになっちゃうね) また、彼は生態学者リエト・カインズ(マックス・フォン・シドー)とフレーメン女性との間に生まれたチャニ(ショーン・ヤング)を愛するようになる。 ポウルは音声を増幅して強力な音波を放つ武器を開発する。そして、砂漠に振動装置を差し込み、振動を出すことによってサンドワームをおびき寄せる。 サンドワームの上部に飛び乗り、この巨大な虫をコントロールする。虫は多数のフレーメン戦士をのせ、ハルコネンの軍隊に向かって戦いを挑む。 果たしてポウルは父の仇を打ち、アトレイデ家を再興できるのであろうか。. 惑星ギエディ・プライムを拠点としている。惑星アラキスでのメランジ採掘権を所有している。 1. フランク・ハーバートが1965年に発表し、後世の作品に多大な影響を与え続ける伝説の小説を映画化した『dune/デューン 砂の惑星』の予告編映像が公開になった。. 『デューン 砂の惑星』の映画化に着手した1975年は、まさに彼のフィルムメーカーとしての脂が乗り切った時期。 ホドロフスキーは、“魂の戦士”と呼ぶスタッフやキャストたちを集めるべく、奔走します。. 遥か未来、宇宙帝国に存在する砂に覆われた惑星「アラキス」(通称、デューン)を舞台に、主人公が帝国の仕組みを根本から変えるための革命を起こす壮大な物語が、。アメリカの作家フランク・ハーバートによって1965年に発表されたSF小説。年に再映画化もされる予定で、大叙事詩とも.

その後、『砂の惑星』は、年に『デューン/砂の惑星』のタイトルでテレビドラマ化されました。 ウィリアム・ハートが、レト・アトレイデスを演じ、アレック・ニューマンがポール・アトレイデスを演じました。. 16 『dune/デューン 砂の惑星』予告編から読み取る過去作へのオマージュ【デヴィッド・リンチ、ホドロフスキー】. メランジ:人間の意識を覚醒させるスパイスの一種で、宇宙で最も価値がある物質。惑星アラキスでのみ産出される。 2. 『砂の惑星 考察』の関連ニュース. 米津玄師の ボカロ界に対する決別 を示唆した歌 ではないかと私は思います。 そして同時に新しいボカロp達・旧友への手向けの歌であるようにも聞こえて仕方があり.

惑星カイテインを拠点としている。惑星アラキスの領有権争いの火種を作った上で、ハルコネン家にアトレイデス家を討たせようとしている。 1. 『デューン 砂の惑星』がポールとアトレイデス家にとってのハッピーエンドで終わるのに比べ、その後の物語は、より悲劇的な展開になる傾向が. ただし、ホドロフスキーが10時間という上映時間を考えていたことからも分かる通り、原作のボリュームはただ事ではなく、とても標準的な映画の尺に収まる内容ではありませんでした。 実際、デヴィッド・リンチが当初完成させたバージョンは4時間超えだったと言われているのですが、ラウレンティスが無理やりこれを圧縮して2時間17分にまで短縮しました。その結果、大勢の登場人物が入り乱れているが、誰が誰やら分からないうちにフェードアウトしていった、よく話を理解していない状態でどんどん映画が進んで行って、気が付けばポールが超人化していたという、恐ろしい事態が発生しました。 加えて、私の初見は日曜洋画劇場だったのですが、通常枠での放送だったため正味90分という恐ろしい編集がなされており、話を全然理解できませんでした。 日曜洋画劇場の超絶編集はさておき映画そのものに関してですが、プロデューサーと監督の足並みが揃っていないことが、この混乱を招いたのではないかと思います。ラウレンティスは2時間強の映画にするつもりだったのに、そのオーダーを受けてリンチが作ったものが4時間だったというのは、明らかに発注者と受注者の. 「デューン」シリーズは砂の惑星アラキス (通称デューン) を舞台にした救世主一族による壮大な革命のドラマが描かれる作品だ。 原作の壮大な世界観を限られた条件で映像化することは不可能とされており、ワーナー・ブラザースによる「デューン. ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(『ブレードランナー』)は10代のころに初めて『デューン 砂の惑星』を読んで以来、作品化したいと考えていた。. Entertainment Inc. <『dune/デューン 砂の惑星』のあらすじ> 舞台は宇宙を支配する力を持つ“メランジ”と呼ばれる貴重なスパイスが唯一産出される砂漠の惑星アラキス、通称「デューン」。. See full list on happyeiga.

レト・アトレイデス侯爵(ユルゲン・プロホノフ):アトレイデス家の当主で、ポールの父。その高い人徳は側近や大衆を惹き付けており、皇帝から脅威とみなされている。 3. 1985年日本公開のアメリカSF作品で、30年前に映画館で一度観た。今回DVDを観てみた。相変わらず気持ちの悪い作品である。あの壮大なドラマをここまで気持ち悪く作ることが出来るのはさすがデヴィッド・リンチ監督だけのことはある。 しかし、彼が描いた世界観はマニアの間では評判でコアなファンがいるのも事実である。 怖いもの見たさと言うべきか、あるいは百鬼夜行を傍観者として見るような感触なのか。この映画の主役はカイル・マクラクランで若く凛々しい姿が懐かしい。 「ブレードランナー」でもおなじみのショーン・ヤングも出ており、まだういういしさが残っている。彼女はSF映画がよく似合う。 また、ロック歌手のスティング(ポリスのボーカリスト)も出ている。出番は少ないがその圧倒的な存在感はさすがである俳優に専念しても成功したに違いない。 映画音楽にはTOTOも参加している。製作費は30年前で40億かかっている、現在の金額に換算すると100億はゆうに超す価値があるのではなかろうか相当な金がかかった作品とも言える。 原作はフランク・ハーバートの「Dune」で1965年から20年間にわたって書き続けられてきたSF古典である。ヒューゴー賞、ネビュラ賞を受賞している。 物語が壮大過ぎて映像化が不可能と言われていた。CGのなかった時代に苦労したと思う、映画を観るとチャチな感じがするのは仕方がないのかもしれない。 しかし、残念ながら映画ですべてを表現することは出来ず、結末はダイジェスト版になってしまっている。(大変残念な出来である。)一般的なSFファンや原作者にも不評で、成功した映画とは言い難い。 物語を要約すると「砂に覆われた砂漠のような惑星アラキス、通称デューンを舞台に、この星にしか存在しないメランジと呼ばれるスパイスをめぐる争いを中心に、救世主一族の革命と世界の混乱が壮大に描かれている。」 デューンには巨大ミミズのような砂虫(サンドワーム)が生息しており、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」に出てくる王蟲(オーム)にも影響を与えたと言われている。また、この物語の世界観は「スター・ウォーズ」にも受け継がれている。 砂虫は命の水やメランジを生成する。メランジとは不老不死の妙薬でかつ、これを使えば恒星間飛行能力を得ることも出来る。惑星アラキスを制する者は、宇宙をも制するとされている。. 惑星カラダンを拠点としている。皇帝の命によりメランジが産出される惑星アラキスの盟主となった。 1. 本作の美術は『年/宇宙の旅』(1968年)のアンソニー・マスターズが担当しているのですが、芸術的な美しさと技術的な合理性を両立した『年/宇宙の旅』からさらに発展し、中世風の世界なのだが、そこに未来のテクノロジーを感じさせるという、驚きの世界観の表現に成功しています。 年宇宙の旅(IMAX版)【6点/10点満点_映像も物語も眠気も凄い!規定外の歴史的大作】 本作では16のサウンドステージに80ものセットが建造されましたが、平凡なものは何ひとつなく、しばし眺めていたくなるほどの重厚さとインパクトがありました。これだけインパクトのある美術は、その後『ロード・オブ・ザ・リング』(年)まで登場しておらず、35年経った現在の目で見ても、というか、壮大な美術はブルーバック合成が当たり前になった現在で見るとより一層、これだけ凄いデザインが描かれて実際に建造されたという事実に驚かされ、その重厚さに目を奪われました。 後述する通り、本作のストーリーには大変な問題があるのですが、その問題を補って余りあるほど、美術デザインは作品の魅力となっています。.

ライター vg+編集部; 更新日. See full list on b-movie. 近日公開 映画『dune/デューン 砂の惑星』公式サイト。これが最新型、体感宇宙戦争だ!“砂の惑星デューン”で、誰も観た. 砂の惑星の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。映像化不可能といわれたフランク・ハーバートの大長編sf小説を、前作. funkoからpop!シリーズとして発売された、『砂の惑星』フィギュア。愛嬌がありながら、映画の場面を思い起こさせるフィギュアになっています。 まずは、カイル・マクラクラン演じるポール・アトレイデスのフィギュア。.

キャスティング面では、主演のカイル・マクラクランと相手役のショーン・ヤングこそ観客受けを狙った新人の美男美女キャストであるものの、それ以外のキャストはヨーロッパ出身者を中心とした実力派を揃えています。 1. 『デューン デューン 砂 の 惑星 考察 砂の惑星 』のリメイク版はどんな映画なの?そんな今回は、『デューン 砂の惑星 』のリメイク版『DUNE 』について書いていきたいと思います。元となった映画もご紹介していますので、是非参考にしてください。 映画『デューン 砂の惑星 』のリメ. マックス・フォン・シドー(カインズ博士役):1929年スウェーデン出身。イングマール・ベルイマンの常連俳優としてスウェーデンを代表する俳優となり、『偉大なる生涯の物語』(1965年)でアメリカ進出。 4. 冒頭から気持ちの悪い映画だといったが、それのベスト3を紹介する。 ベスト1・・・・・ハルコネン男爵(ケネス・マクミラン)が非常に悪趣味で醜い、性格も陰険である。 顔には無数の吹き出物が出来、200Kgの巨体をサスペンサーと言う装置で浮遊させる。奴隷の生血をススルのが趣味で、奴隷たちがいけにえにされる。 フェイド・ラウサ・ハルコネン(スティング)は彼の甥である。ポウルとは同年齢で宿命のライバルと言える。 ベスト2・・・・次 に恒星間輸送を独占する宇宙協会(スペースギルド)、事実上は皇帝をも上回る力を持つ。 構成員はメランジの大量摂取によってミュータント化した航宙士たちでナビゲーターと呼ばれる。巨大な芋虫あるいはしわくちゃなバッタのような生き物になっている。 しかし彼らがいないと、恒星間の移動は出来ない。貴重な水先案内人である。 ナビゲーター. リブート版『デューン/砂の惑星』の新ロゴがユニーク! エンタメ pr また、『』シリーズのが、アトレイデス家と睨み合うハルコネン男爵役で、『』のが、アラキスの生態学者リエト・カインズ博士役で出演。. デューン 砂 の 惑星 考察 · 『dune/デューン 砂の惑星』、『ゴジラvsコング』の制作会社レジェンダリー・エンターテイメントは、hbo maxでの最近の取り決めに関して. フランチェスカ・アニス(レディ・ジェシカ役):1945年イギリス出身。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で、1979年に英国アカデミー賞主演女優賞(テレビ部門)を受賞。 3. 1919年イタリア王国出身。1940年から150本以上の映画をプロデュースしており、インディペンデントのプロデューサーとしては最高峰に君臨していました。特に1970年代から1980年代前半にかけては、『キングコング』(1976年)、『ハリケーン』(1979年)、『フラッシュ・ゴードン』(1980年)、『コナン・ザ・グレート』(1982年)と、質はともかくかける金は凄まじい映画を多く手掛けており、そんな超大作路線の中でも突出した規模で製作されたのが本作でした。 コナン・ザ・グレート【凡作】雰囲気は良いが面白くはない(ネタバレあり・感想・解説).

フェイド・ラウサ(スティング):ハルコネンの甥で、ナイフが得意なだけのアホ。 3. フランク・ハーバートのSF長編小説『デューン』を映画化した今作。監督のデヴィッド・リンチにファイナルカット(最終編集)の権利がなかったことで、映画としてはボロボロの出来になり、評価は散々だった。(リンチが撮ってないだろ!と思えるシーンもたくさんある。) 今、デューンを. フレーメン:アラキスの原住民で、メランジの影響で青く光る目を持つ。アラキス奥地の砂漠に居住しているが、帝国からは人口規模すら把握されていない。 3. ユルゲン・プロホノフ(レト・アトレイデス役):1941年ドイツ出身。『U・ボート』(1981年)の艦長役で国際的な知名度を獲得した。 U・ボート(劇場公開版)【傑作】史上最高の潜水艦映画 2. 少なくとも砂の惑星という異郷を当時の技術でもっともらしく描くことに関しては、平均点以上の頑張りを見せていると思います。 空飛ぶデブ大公やギルドのキャラクター造形、クリーチャー、小道具のデザインも秀逸。.

デヴィッド・リンチと言えば個人映画『イレイザー・ヘッド』(1976年)でデビューして以来、一貫して変な映画を撮り続けている人という印象なのですが、本作では意外とエンターテイメントできています。 冒頭、メインテーマが流れ終わって本編に入ると、いきなり惑星カイテインの宇宙船発着場の場面となり、巨大宇宙船とモブが合成された見事な場面に目を奪われます。壮大なSFを期待してきた観客の心をいきなり掴むのかと、そのサービス精神が嬉しくなりました。 本作には大きな山場が二つあります。中盤のハルコネン軍によるアラキス侵攻と、クライマックスのフレーメンの反乱なのですが、そのどちらも戦闘が始まる前のあおりや、いざ戦闘が始まった際に高鳴るメインテーマ、抜群のタイミングで繰り出される派手なアクションと、ちゃんと面白い見せ場になっており、デヴィッド・リンチってこんなこともできるんだと感心させられました。 加えて、最後の最後ではポールがあえて超能力を封印して、スティング扮するフェイド・ラウサとのナイフ戦を繰り広げるのですが、大掛かりな戦闘を経てテンションがピークに達したところで、原始的なナイフ戦でしめるという. リンチ版のデューンも楽しく観られたそうで、未来は明るいと感じた。 もう一人は男性で、茨城からわざわざ駆け付けてくださった。 驚くことにフレメンが所有する武器「クリスナイフ」を自作して参戦してくれたのだ。. そそ、せっかくなので近日公開される映画版「デューン/ 砂の惑星」なんかもあるので、過去の映画化のことで語りたい。 1984年には、あの「ツインピークス」のデビッド・リンチ監督により映画化された。.

ポール・アトレイデス(カイル・マクラクラン):レト・アトレイデスの息子で、スペーシング・ギルドから脅威とみなされている。格闘術の名手であり、またベネ・ゲセリットからの心理攻撃に耐えるほどの常人離れした精神力と集中力を持っている。 ポール役はヴァル・キルマーに断られ、後に『ボヘミアン・ラプソディ』(年)の監督となるデクスター・フレッチャーが真剣に検討された後、舞台出身で映画には初出演となるカイル・マクラクランがキャスティングされました。 ボヘミアン・ラプソディ【8点/10点満点中_音楽映画としては最高。ただし事実との相違が気になる】 2. クイザッツ・ハデラッハ:フレーメンで語り継がれる伝説の超人。 4. ガイウス・ヘレン・モヒアム(シアン・フィリップス):シャダム4世の妻で、ベネ・ゲセリットの教母。スペーシング・ギルドが脅威とみなすポール・アトレイデスに興味を持ち、カラダンへと向かった。 3. 機械の反乱により機械文明は終わりを告げ、人類は生物としてのポテンシャルをより強化することで、それまで機械にさせていた役割を人類自らこなすようになった。超能力を持つ女性種族ベネ・ゲセリット、恒星間飛行能力を持つスペースギルド、人間コンピューター・メンタットなどがその例であるが、能力拡張のためにはメランジが不可欠だった。 以上は1994年に発表された189分の『特別編』の冒頭で説明された内容であり、劇場版ではまったく触れられていません。劇場版の不親切さは凄いことになっていますね。. シャダム4世(ホセ・ファーラー):レト・アトレイデスの人気を脅威に感じており、アトレイデス家を滅ぼすための謀略を巡らせている。皇帝ではあるものの、スペーシング・ギルドからは舐められまくっている。 2. ティモシー・シャラメが主演した、ドゥニ・ビルヌーブ監督の最新作「duneデューン砂の惑星」のトレーラーが公開された。本物の砂漠で撮影され.

『DUNE/デューン 砂の惑星』近日公開決定、字幕付予告編が到着 ─ ティモシー・シャラメら豪華Q&A映像も © Legendary and Warner Bros. 1946年アメリカ生まれ。若い頃は画家を目指して美術大学に通っており、絵画を学ぶためにオーストリアに渡ったものの、現地に行くと創作意欲が萎えてたったの15日間で帰国しました。その後は再度芸術学校に入学したのですが、ここで知り合った妻ペギーが予想外の妊娠をしてしまい、鉄道や工場に囲まれた極めて条件の悪い家での生活を余儀なくされました。 1971年にアメリカン・フィルム・インスティチュートの奨学金を得てロサンゼルスに転居し、AFI Conservatoryに入学。1972年から4年をかけて自主映画『イレイザーヘッド』(1976年)を監督しましたが、これは奥さんが長女を妊娠してお先真っ暗になった当時の心境をダイレクトに反映した映画でした。続く『エレファントマン』(1980年)でアカデミー作品賞を含む8部門にノミネートされたことから知名度を上げ、総製作費4000万ドルをかけた超大作である本作での起用に繋がりました。 ただし本作での興行的・批評的苦戦がこたえたのか、以降は娯楽作・大作の類には関わらなくなり、カルトの帝王と呼ばれるまでになりました。. 映画『dune/デューン 砂の惑星』の予告編が、遂に公開となりました!sf映画の雄、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による超・超.